新たに3種類の豆が新発売です

エルサルバドル サンタ・リタ農園 浅煎り

〈カッピングノート〉

焙煎:浅煎り(ミディアムロースト)
酸味:★★★★★
苦味:★☆☆☆☆
コク:★★☆☆☆

フレイバー:ストロベリー、マンゴー、チェリー
ストロベリーやマンゴーといったフルーティーな香りと甘みが楽しめるコーヒー。柔らかい口当たりで飲みやすく、上品な味わい。

エルサルバドル産のマイクロロット、ナチュラルですが、非常に日本人好みの一品だと思います。ナチュラルは全体的に荒々しく複雑な香りのものが多い印象をうけますが、日本で人気の(日本で多く流通している)ナチュラルは、どちらかといえばクリーンで複雑さよりも「精錬された」という言葉がしっくりくるものが多く感じます。このコーヒーは典型的な「クリーンなナチュラル」と表現したくなる味わいのコーヒーです。

〈生産情報〉

生産者:サンタ・リタ農園
生産地域:ソンソナテ県フアユア
標高:1450-1750m
品種:ブルボン
プロセス:ナチュラル

サンタ・リタ農園はエル・サルバドル西部のサンタアナ火山の裾野に位置しています。この農園は火山灰土壌に加え、シェード・ツリーの落葉が腐葉土を作り出すことから土壌環境は良く、高品質コーヒーを栽培するのに適しており、ここにブルボン、パカス、パカマラと全てブルボン系品種が栽培されていますが農園でもっとも標高の高いエリアではブルボン種が育てられています。
また世界中で指示を得ているナチュラルプロセスを、いち早く取り入れた農園としても名高く、熟度の高いフローラルなナチュラルコーヒーを広げた先駆者的存在でもあります。特にシェイドツリーをしっかりと管理されたしているため、コーヒーチェリーはゆっくりと成熟し赤紫色になり、ワインフレーバーを伴った甘味を醸し出しています。

〈栽培方法〉

レインフォレスト・アライアンス認証を取得したコーヒー豆を使用しています。

ラオス JCFC ハニープロセス 中煎り

〈カッピングノート〉

焙煎:中煎り(シティーロースト)
酸味:★★☆☆☆
苦味:★☆☆☆☆
コク:★★★☆☆
フレイバー:ハニー、キャラメル、ブラウンシュガー
菓子のような甘みを感じられる、口当たりの優しいコーヒー。香りもハニー、キャラメルといった非常に甘い印象が強い。
昨年はラオスJCFCのナチュラルとティピカを販売しましたが、今回はハニープロセスを入荷してみました。このコーヒーはなんと言っても「甘み」に特徴があると思います。優しくてどこか懐かしいような、そんなふんわりとした甘みをたっぷりと楽しめるコーヒーです。

〈生産情報〉

生産者:Jhai Coffee Farmer’s Cooperative(JCFC)
生産地域:ラオス ボーラウェン高原
標高:900-1300m
品種:カツアイ
プロセス:ハニープロセス
Jhai Coffee Farmer’s Cooperative(JCFC)は、4つの異なる民族グループ(Jeru、Lao、Bo、およびKhmu)の18の村にある298家族が集まった生産者組合で、ラオスにおけるスペシャリティコーヒーを生産しています。各村にウェットミル(果実を取り除く設備)を保持し、乾燥は床上げ式のアフリカンベットで行っています。
各村から選挙で選ばれた代表者の話し合いで組織は運営されています。農家ごとにサンプルローストを行い、コーヒーのクオリティを向上させるためのアドバイスを行います。 農家ごとにカッピングの点数を競うコンペティションも開催されており、組合員は品質の向上に熱心に取り組んでいます。
売上の10%は組織発展のために使われ、具体的な内容は組合員の投票により決定されます。例えばパソコン、倉庫設備、フォークリフトなどが購入されてきました。またトレーサビリティに力を入れており、購入されたコーヒー豆を育てた農家、支払われた金額までたどることが可能です。

ルワンダ ニャマガベ地区 KOAKAKA 中煎り

〈カッピングノート〉

焙煎:中煎り(シティーロースト)
酸味:★★★☆☆
苦味:★★★☆☆
コク:★★★★★
フレイバー:ダークチョコレート、ジンジャー、クリーム
ダークチョコレイトやクリームの印象がある重厚な味わいのコーヒー。酸味と甘みも程よくあり、バランスよく仕上げているが、特にボディの強さが秀逸。
ルワンダ産のコーヒーは割と日本の市場でもよく見かけるのですが、当店は定番のエチオピア以外ではブルンジ産やウガンダ産を扱うことが多く、こちらのコーヒーが当店で初めて販売するルワンダのコーヒーとなります。ウガンダのコーヒーはブルボンが多く、まろやかなでバランスの良い印象があります。こちらのコーヒーもそんなブルボンコーヒーですが、特にボディーの強さに惹かれて仕入れました。

〈生産情報〉

生産者:KOAKAKA生産者組合

生産地域:ニャマガベ
標高:1800-2000m

品種:ブルボン

プロセス:ウォッシュド 天日乾燥
KOAKAKAは2002年に始まった生産者団体で、現在1316人のメンバーが所属しています。団体では設立以来、徐々にメンバーを増やし生産設備を整えてきました。今では地域に3つのウォッシンクステーションを持ち、コーヒーを生産しています。
国立公園にも指定されているニャマガベ熱帯雨林のそばに農地はあり、注意深いチェリーの選定を経てパルピングに入ります。2週間の乾燥を経て出荷されますが、倉庫での保存から出荷、輸送に至るまで品質管理を徹底しています。持続可能性と生産者の独立性、そしてコーヒーのクオリティ向上を掲げ、KOAKAKAは国際市場にコーヒーを提供し続けています。
団体では特に女性のエンパワーメントに力を入れており、2年間で約100万円の奨励金を女性農家に寄付しました。また飲料水の提供、電気などのインフラ整備、利息なしの貸付金など生産者の利益のためにさまざま活動を実施しています。