エクアドル Loja州 Juan Peña バレル発酵プロセス 浅煎り

エクアドル Loja州 Juan Peña バレル発酵プロセス 浅煎り

(344)

〈カッピングノート〉

焙煎:浅煎り(ミディアムロースト)
フレーバーの強さ:★★★★★
フレーバーの複雑性:★★★★★
ボディの強さ:★★★★★
甘みの強さ:★★★★★
酸味の強さ:★★★★★

アロマ(豆の香り):ワイン、ラム、ウイスキー、レーズン
フレイバー(飲んだときの香り):ワイン、ラム、ウイスキー、レーズン、グレープ、チョコレート

ワインやラム、ウイスキーなどお酒のような香りがするコーヒー。香りは強烈、酸味も強い、ボディも甘みも粘度を感じるほど強い。コーヒーのすべての要素を可能な限り強めた、インパクトの有る味わいに仕上がっている。

*コメント
こちらの生産者のJuanさんは最高のコーヒーを作るために様々な実験的な発酵プロセスを行っておりますが、その中でも素晴らしいオークバレルコーヒーを販売いたします。以前発売した嫌気性発酵とはまるで違う印象のコーヒーで、お酒のような印象を強く受ける、他に類を見ない味わいとなっております。嫌気性発酵よりも、かなり実験的な色合いが強い発酵のため、滅多に入手機会はないと思います。

〈生産情報〉

生産者:Juan Peña
生産地: Loja州
標高:1900-2100m
品種:ティピカ
プロセス:ウォッシュド バレル発酵 アフリカンベッド
土壌:火山性土壌

エクアドルはコーヒーの産地として真っ先に思い浮かぶ国ではないかもしれません。比較的経済が発展しているこの国では労働コストが高く、グローバル市場での存在感は大きなものではないでしょう。しかしよりクオリティーを追求したスペシャリティーを生み出すことにより、少しずつ存在感を増しているのも確かです。
28エーカーの農園を運営するJuan Peña 氏は農業の学位を持ち、熱心な研究を続け、高品質のスペシャリティーコーヒーの生産に取り組んできました。 このコーヒーはその成果のひとつであり、バレル発酵によりつくられたものです。通常、コーヒー豆は収穫され、果肉を剥かれたあと、8時間から24時間ほど発酵させます。このバレル発酵プロセスでは、発酵をオークバレル(オーク産の樽)の中で100時間かけて行い、その後あげ床のアフリカンベッドで乾燥され、脱穀されたのち各国に出荷されています。

〈こだわりの焙煎〉

・手間を掛けた丁寧な焙煎
フジローヤル半熱風式の5kg釜で丁寧に温度管理されたコーヒーを販売しています。豆の焙煎の前半でしっかり熱(カロリー)を入れることで香りとコクを引き出し、後半の温度・排気調整で豆の持ち味に合わせた細かい微調整を行います。このように手間ひまをかけ焙煎することで、香り、酸味、コク、苦味などコーヒーの様々な要素を引き出していきます。

・焙煎したてをお届け
コーヒーは焙煎後、時間が経つに連れ酸化が進み、香り・風味が薄れてしまいます。当店ではご注文量に合わせ、発送直前にコーヒーを焙煎してお届けしています。焙煎から間もないコーヒーだけが持つ、特別な香りと味わいをお確かめください。

〈品質についての詳細〉

コーヒーの品質や焙煎、フェアトレード、有機栽培に関するより詳しい説明はこちらを御覧ください。
コーヒーへのこだわり

〈挽き方の選択〉

極細挽き:エスプレッソに使用する場合のみ。
中細挽き:ペーパードリップ(メリタ式・ハリオ式)、サイフォンにおすすめ。
中挽き:ペーパードリップ(カリタ式・ハリオ式)、ネルドリップ、フレンチプレスにおすすめ。
粗挽き:ペーパードリップ・ネルドリップなどでよりクリアな味わいを求める場合。

豆のままでご購入されたほうが、長期間鮮度を保つことができます。
挽き方が粗くなるほど抽出に必要なコーヒー粉の量は多くなります。

おいしいコーヒーの入れ方、適した挽き方についてはこちらをご参照ください。
おいしいコーヒーの入れ方

〈配送方法〉

宅配便:ご購入画面で配送日をご確認いただけます。日時指定も可能です。
ネコポス:ポスト投函になります。配送料は200円です。注文日の当日/翌日営業日発送。発送日の翌日着予定。北海道、九州、沖縄は翌々日着予定。

エクアドル Juan Peña 200g
コーヒーの挽き方
在庫状態 : 在庫有り
¥2,550(税込)
数量
エクアドル Juan Peña 500g
コーヒーの挽き方
在庫状態 : 在庫有り
¥6,200(税込)
数量