• 335
  • 335
  • 335

ボリビア Uchumachi地区 Lucio Mamani 深煎り

〈カッピングノート〉

焙煎:深煎り フルシティーロースト
フレーバーの強さ:★★★★☆
フレーバーの複雑性:★★★☆☆
ボディの強さ:★★★★★
甘みの強さ:★★★★☆
酸味の強さ:★☆☆☆☆

アロマ:アーモンド、ヘーゼルナッツ、ココア
フレイバー:チョコレート、アーモンド、デーツ、バナナ

アロマ、フレイバーとともにナッツとチョコレートのニュアンスが強く、深煎らしい定番の香りが楽しめる。フレンチローストに近いフルシティーでかなり強めの焙煎ながら、しっかりとしたボディと甘みを残している。その反面、苦味は深煎としてはかなり控えめな印象を受ける。マウスフィールは甘みの強さも相まってシロッピー。総じていえば透明感のある深煎コーヒーに仕上がっている。

*コメント
近年注目され、市場での流通が増えているボリビアのコーヒー豆になります。確かに注目される美味しい豆の産出地ではあるのですが、他のコーヒー産地に比べると道路などのインフラが未整備の箇所が多く、これからが楽しみな地域となっております。香り、味の方は非常にオーソドックスでありながら、高いレベルでまとまったコーヒーという印象を受けました。万人受けするタイプの味わいですので、気になった方はぜひお試しください。

〈生産情報〉

生産者: Lucio Mamani El Mirador農園
生産地域:Uchumachi地区 ユンガス州
標高:1550-1650m
品種:カツーラ
プロセス:ウォッシュド
土壌:Clay Loam

Lucio MamaniさんはUchumachi地区にある11ヘクタールの農園「Finca El Mirador」でコーヒーを生産しています。(Finca El Mirador とは見晴し台農園という意味)Mamani家はLucioさんの父が生後1週間のとき、首都から移住してきました。以来50年に渡り、この地域でコーヒーを作り続けています。
1986年、Lucioさんは彼の兄弟たちとともに「AGRICAFE」という農協を設立し、この地域のコーヒー産業の発展において中心的な役割を果たしてきました。この地域の平均的な農家の耕作面積は2から5ヘクタールほど。Lucioさんの持つ11ヘクタールも、他の地域と比較すれば大きいとは言えません。AGRICAFEはそういった小規模農家の生産性を向上させるため、「Sol de Mañana」というプログラムを開始しました。(Sol de Mañanaは朝の太陽の意。この名前の湖もある)
このプログラムで農家は苗場と農場の管理、スペシャリティコーヒーのための収穫技術などを学ぶことができます。またコーヒーの木、それぞれ一本一本の剪定、収穫量、肥料量が記録管理されるようになりました。こうして収穫されたコーヒーは、すべて自身の農協の設備で精製処理がなされます。このプラグラムに参加した農家は生産量と品質を向上させるため、熱心に生産に取り組むようになりました。その結果、かつては1ヘクタール当たり210キロ程度のコーヒー豆しか収穫できなかったのが、今では1400キロを収穫できるようになりました。評判を聞いた農家が次々に参加し、今では100を超える農家がこのプログラムに参加しています。
AGRICAFEでは「小規模農家の成功は収穫の丁寧さにかかっている」という信念のもと、精製所に持ち込まれたコーヒーチェリーは綿密にその品質を検査され、合格したものだけ精製にはいります。コーヒーは果肉をとったあと16時間の発酵を行い、水洗されます。

ボリビアは南アメリカ唯一の内陸国であり、コーヒーの輸出量は最下位です。しかしながらユンガス州は乾燥したアンデス高地が低く湿ったアマゾン盆地につながっており、アラビカ種のコーヒー生産に適した土地です。ボリビアのスペシャリティコーヒーの約90%がこの地で生産されています。険しく、曇りがちな土地で自然林が豊富です。丁寧なコーヒー生産が行われていますが、精製設備や輸送手段の不足が起こりがちなため、コーヒー生産業界への支援が望まれています。

 

〈こだわりの焙煎〉

・手間を掛けた丁寧な焙煎
当店ではコーヒー豆にしっかりと熱が伝わる、フジローヤル半熱風式の5kg釜を使用しています。欧米の焙煎理論をベースに、独自の工夫をした焙煎を行っています。豆の焙煎の前半でしっかり熱を入れることで香りとコクを引き出し、後半の温度・排気調整で豆の持ち味に合わせた細かい微調整を行います。このように手間ひまをかけ焙煎することで、香り、酸味、ボディ、甘みなどコーヒーの様々な要素を引き出していきます。

・焙煎したてをお届け
コーヒーは焙煎後、時間が経つに連れ酸化が進み、香り・風味が薄れてしまいます。当店ではご注文量に合わせ、発送直前にコーヒーを焙煎してお届けしています。焙煎から間もないコーヒーだけが持つ、特別な香りと味わいをお確かめください。

〈品質についての詳細〉

コーヒーの品質や焙煎、フェアトレード、有機栽培に関するより詳しい説明はこちらを御覧ください。
コーヒーへのこだわり

〈挽き方の選択〉

極細挽き:エスプレッソに使用する場合のみ。
中細挽き:ペーパードリップ(メリタ式・ハリオ式)、サイフォンにおすすめ。
中挽き:ペーパードリップ(カリタ式・ハリオ式)、ネルドリップ、フレンチプレスにおすすめ。
粗挽き:ペーパードリップ・ネルドリップなどでよりクリアな味わいを求める場合。

豆のままでご購入されたほうが、長期間鮮度を保つことができます。
挽き方が粗くなるほど抽出に必要なコーヒー粉の量は多くなります。

おいしいコーヒーの入れ方、適した挽き方についてはこちらをご参照ください。
おいしいコーヒーの入れ方

〈配送方法〉

宅配便:ご購入画面で配送日をご確認いただけます。日時指定も可能です。
ネコポス:ポスト投函になります。配送料は285円です。注文日の当日/翌日営業日発送。発送日の翌日着予定。北海道、九州、沖縄は翌々日着予定。

ボリビア 200g注文番号335

販売価格(税込)
¥1,350
在庫状態
在庫有り
コーヒーの挽き方
数量

ボリビア 500g注文番号335-2

販売価格(税込)
¥3,000
在庫状態
在庫有り
コーヒーの挽き方
数量