おいしいコーヒーの入れ方

 

・豆の挽き方

基本的に粉は酸化のスピードが速いため、豆でご購入され抽出直前にミルで挽くのが良いでしょう。家庭用のプロペラ式ミルは多少挽いた粉が不揃いなものの、家庭用としては十分実用的です。

挽き方が粗いほどクリアな味わいになります。その反面、抽出に必要な量は、挽き方が粗いほど多くなります。

極細挽き・・・エスプレッソを作る場合のみ。苦味が抽出されすぎるためハンドドリップなどには適していません。

中細挽き・・・ペーパー(メリタ式・ハリオ式)、サイフォンなどに適しています。また少なめの量でも濃く抽出できるので経済的です。

中挽き(中細挽きより粗い)・・・ペーパー(カリタ式・ハリオ式)、ネルドリップ、フレンチプレス(コーヒープレス)などに適しています。

粗挽き(中挽きよりさらに粗い)・・・ペーパー、ネルドリップでさらにクリアな味わいを求める場合。

 

・抽出温度
お湯の温度は80°〜95°程度が良いとされています。温度が低いほど成分の抽出が遅く、酸味が強調されます。また温度が高いほど成分の抽出が速く、苦味、コクが強調されます。温度調整が難しい、手間になる場合、コーヒーの濃さを粉の量や挽き方で調整すれば、温度はあまり厳密に気にしなくてもよいでしょう。
またお湯を注ぐ際には、お湯の出し口が細いコーヒーケトルを使うとやりやすいです。

 

以下に当店でのHARIO(ハリオ)のドリッパーを使った入れ方をご紹介します。抽出温度や粉の量、挽き方はお好みによりご調整ください。

ペーパードリップ
1:コーヒー粉(中細挽き)13gをドリッパーにセットする。2杯の場合20gをセットする。(1杯分130ml)
2:95°前後のお湯をまんべんなく注ぎ、30秒ほどコーヒーを蒸らす。
3:ドリッパーにお湯を注ぐ。 ドリッパーの中心から「のの字」に、お湯を3、4回に分けて注ぐ。コーヒーサーバーのメモリを目安にすると良い。
4:お湯が落ちきる手前でドリッパーを外す。

 

ネルドリップ
1:コーヒー粉(中挽き)をネルにセットする。
130mlの場合17g。 2杯(260ml)の場合27g。
2:95°前後のお湯をまんべんなく注ぎ、30秒ほどコーヒーを蒸らす。
3:ドリッパーにお湯を注ぐ。
ドリッパーの中心から「のの字」に、お湯を3、4回に分けて注ぐ。コーヒーサーバーのメモリを目安にすると良い。ドリッパーの縁から注がないようにする。
4:お湯が落ちきる手前でドリッパーを外す。