フェアトレードについて

sub32

 

・フェアトレードとは?

「フェアトレード」という用語はいくつかの団体や企業によって使われており、厳密な定義があるわけではありません。団体によって、細かいフェアトレードの基準や重点は異なります。

しかし概して言えば、フェアトレードとは「発展途上国における、生産者の人権を尊重した商取引」です。

 

私たちの周りはもので溢れています。食料品、衣類、電化製品、車……。こういった製品のほとんどは、その製造プロセスで外国と何かしらの関わりを持っています。例えばコーヒー豆やバナナはほぼ全て海外で生産されています。また衣服に使うコットンはインド産で、車に使われている鉄やアルミはオーストラリア産かもしれません。

けれども海外で製品がどのように作られているか、製品を購入する消費者が知る機会は限られています。実は海外―特に発展途上国では、製品が製造される過程で様々な社会問題が引き起こされています。

例えばチョコレートの原料であるカカオの生産現場では、強制的な児童労働が問題となっています。また途上国でコーヒーを生産する小規模な農家は、極端な安値で生産したコーヒー豆を買い取られている場合があります。その他にも低賃金や環境破壊など、生産者の人権を軽視した商取引が世界各地で行われています。

 

製品を購入するのは、選挙で投票をするのに似ています。製品を購入することで、消費者はその製品に、その製造方法に、その製造者に、そしてその製品を生み出す社会のシステムに賛成票を投じているのです。生産過程に社会問題を抱えた製品を購入すれば、製造者は製造を続け、その社会問題も続いていくことになります。

こうした社会問題を抱えた製品の購入を避けるために生まれたのがフェアトレードです。フェアトレード製品は、生産・製造過程に関わる人々の人権を尊重して作られています。

 

例えばフェアトレード製品では以下のような基準にのっとって製造されています。

・労働者は国が定めた最低賃金以上を受け取っています。
・労働者が働きすぎないよう、週の労働時間が決められています。
・児童労働は使われていません
・環境に配慮し、関連法を遵守しています。
・生産者の地域の発展に貢献する、プロジェクトを推進しています。

こういった基準にのっとり製造されたフェアトレード製品を買うことで、生産者や労働者の生活環境が向上し、彼らの持つ、当たり前の人権を守ることができます。

 

フェアトレード製品を選択する意味はそれだけではありません。消費者がフェアトレード製品を購入すれば、企業はより多くのフェアトレード製品を製造し、非倫理的な製造過程で生み出される製品の販売を止めます。つまりフェアトレード製品を購入することは、社会全体の商取引を変えていくことにつながるのです。

 

・フェアトレードについてもっとくわしく

更に詳しいフェアトレードについての説明はこちらからどうぞ。

フェアトレードの基準・認証団体
様々なフェアトレードの基準や認証団体について説明しています。
生産者情報
ベルベット・コネクションで取り扱っている製品の生産者についての情報です。

 

ベルベット・コネクションのブログではフェアトレードについての情報も発信しています。
ベルベットニュース

またフェアトレードの背景にある、発展途上国のビジネスに於ける社会問題、人権問題について以下のPDFにまとめています。

フェアトレードに対する批判について

金鉱山事業について
ダイヤモンド鉱山事業について
綿花生産業について
コーヒー生産事業について
チョコレート生産事業について
バナナ生産事業について